猫が胡桃を回すよう
catwalnut.exblog.jp
ブログトップ
幸せになりました
入院期間は一週間で、その後我が家にやってきたのですが、
キャリーから出すや否や手術跡をなめまくり、
傷あとからうっすらと血がにじんでしまったのです。

何せおんニャの子の手術跡を見るのは
軽く見積もっても14年ぶりくらい(自分でも驚きますが)で、
私はもうほぼ涙目で獣医さんに電話で相談すると、
様子を見たいのでもう一度連れてきて下さいとのこと。

大鳴き&大暴れするのを抱えてほぼトンボ返り状態で病院へ向かったのも、
今となってはいい想い出です。

(傷は大したことなかったのですがカラーは一週間ほどしておいて下さい、
と言われました)

来たばかりその1

来たばかりその2

そんな訳で退院してから里親さんの元へのお届けまで、
一ヶ月半ほど我が家にいました。

その間わかったのは、ガリたんがとても賢くて人懐こくて、
色々なことがわかっている猫さん、ということでした。

思えば私は四半世紀以上猫と一緒に暮らしてきたのですが、
こんなに賢いと人懐こいが両立した猫さんに出会うのは初めてでした。

飢餓の体験のせいかとにかく食に対する執念が凄く、
気持ちよいほどあっという間にご飯を平らげるのはびっくりでしたが、
でも、よく食べる甲斐あって、みるみるふっくらと奇麗になっていきました。

悩殺写真

とはいえ、我が家の猫たちとはどうにも折り合いが悪かったため、
里親さんを探すべく”いつでも里親募集中”に掲載したところ
幸運なことにたくさんのお問い合わせを頂戴し、
赤い糸を無事に結ぶことができました。

おいでやす


我が家から車で20分ほどの里親さまのお宅へ向かうと、
室内には手作り(!!)の猫タワーやおしゃれなキャリーバッグ、
そして高級猫トイレの“キャットワレ”などご準備して待っていて下さいました。

遊ぶの?


その後里親さまから頂戴したメールによれば、
一週間ですっかり慣れたとのこと。

添えて頂いた写真からもくつろいだ様子が見て取れました。

とにかく、慣れるかどうかは一番の心配ごとで、
お別れの時も
「上手くいかなくて戻ってきてしまうんじゃないかしら」
という心配のせいで涙がどこかにいってしまっていた有様だったので、
問題なくやっていっている、ということを知らせて頂けるのが、
何よりも嬉しいことです。

ガリレオちゃんを幸せにして下さった里親さま、
本当にありがとうございました。

---------------------------------------------------------------
福ちゃんの兄弟姉妹が運命の出会いを待ってます!



[PR]
by cat-walnut | 2009-08-26 10:20 | 保護猫さん