猫が胡桃を回すよう
catwalnut.exblog.jp
ブログトップ
検査・検査
クリニックへ通い始めてまず行ったのは各種検査でした。

・一般的な血液検査
・サイトメガロ
・風疹抗体
・トキソプラズマ
・性感染症
・子宮頚がん

などなど…

生後一カ月の時(やらせ)



トキソプラズマの抗体価はこれまで飼ってきた猫さんたちに感謝、
といったところなのか、それともレバ刺し大好きだったのが影響したのか、
最近かかった可能性あり、という大変高い数値が出ました。

その為、IgM抗体/IgG抗体を検査して、
いつかかったのかを調べることとなってしまいました。

同じく生後一カ月の時(同じくやらせ)


そして、最後の子宮頚がんが”軽度異形成(前がん状態)”で引っかかってしまい、
いきなり大病院の婦人科への紹介状を書いて頂いて
そちらで詳しく検査してもらうこととなったのです。

当然不妊治療は中断でした。

握られる福助


この検査で結論が出るまでに一ヶ月半ほどかかったでしょうか…

初回診察で細胞診を行い、
同時に痛いとか色々噂があるコルポスコピーでの組織診が二週間後に組まれました。
そんな訳で緊張して臨んだコルポスコピーでしたが、
私は組織を採取される際の痛みは全く感じませんでした。

組織診の検査結果が出るまでは
高度異形成だったらとか、がんに進行していたら?とか考えてしまって
本当に気持ちが暗くなりましたが結果は軽度異形成。

初回細胞診は中等度異形成だったのですが、
組織診との検査結果が異なるのはよくあることなのだそうです。

このまま一年程度継続して検査を行い軽度異形成から進行しなければ
最終的には円錐切除など行った方がいいのでは、
というのが先生のお見立てでした。

不妊治療を行ってもよいか確認したところ問題なしとのことで、
改めて不妊クリニックへ出戻りました。

不妊クリニックに通い始めてすぐに怒涛の検査ラッシュがあったのは、
費用もかかることもあって本当に必要なの?なんて思ったものですが、
子宮頚がんの件も含め後日クリニックに感謝することとなるのでした。


---------------------------------------------------------------
赤い糸探しをしている福ちゃんの兄弟姉妹もあと7匹!


[PR]
# by cat-walnut | 2013-09-26 16:00 | 日々雑感
神様
突然ですが5月中旬、我家に新メンバーが追加されました。
猫じゃなくて人間の女の子です。

-初対面の様子-
なんだなんだ


ぎゃっ、これなんですかネ??


子どもを授かれたことは、
あまり奇跡とか神様とか信じるタイプの人間ではありませんが、
でも本当にそういうことなのだと感じさせる何かがありました。

結婚して一年目の2002年初め、
子宮外妊娠で卵管破裂し緊急入院して切除したため、
卵管が一本しかなくなってしまいました。
またそれ以前からもずっと生理不順でホルモンバランスの悪さは自覚するところでした。

そういった経緯から子どもを持つことは諦めていましたし、
そもそも産み育てることにも自信を持てないままでいました。

しかし四年前、姪が産まれてその育つさまを見ている内に
私でも育てられるのかしら?と徐々に思えるようになり、
また、年齢的なことも考えると挑戦する最後のチャンスでは?
と気持ちが固まりました。

そこで2012年2月よりはなから”だめ元”の気持ちで、
期待せず婦人科へ通うことにしたのです。

最初に通ったのは徒歩圏で二軒ある内の、
いついっても常にガラ空きな婦人科でした。

もう一つある徒歩圏の婦人科は、
通院していたのに先生が子宮外妊娠に気付かず破裂に至ったという
13年前の経緯があり自動的に除外されました。

最初は基礎体温をつけるところからスタート。
しかしこのクリニック、さすがにいつ行っても空いているだけあって、
先生がコミュニケーションに多大なる問題を抱えているのでは?
という疑問を頂かざるをえませんでした。

二度目の排卵誘発剤の錠剤を摂取した後、
両腕に薬疹らしき発疹が出たにも関わらず
余りにも適当な対応だったため2カ月ほどで通院を止めました。

そこで以前子宮頚がんの検診をお願いしたこともある、
徒歩15分ほどのベテラン女医さんの婦人科へ通うことにしました。

とても良い先生なので継続して診て頂けたらと思っていたのですが、
女医さんは私が卵管切除していることもあって、
不妊治療クリニックで検査の上で治療を進めたほうが良い、
とのアドバイスを下さり、実際にお勧めのクリニックを教えて下さいました。

我家からはバス&徒歩で30分ほどの距離にある
やはり女医さんが診て下さるクリニックに通うこととなりました。
2012年5月のことでした。

私の諸条件を考えると通院してすぐ妊娠できるとも思えませんでしたが、
体外受精や顕微授精に時間とお金をかけても年齢的に成功率が低く、
結果に一喜一憂する生活を続けるのは私の精神衛生上よろしくないだろう、
とは夫婦でぼんやりと思っていました。

ですので治療するにしてもどこまでもというのではなく、
人工授精までして実らなければ諦めることは決めていました。

ただこれはあくまでも私たちの予算や状況から出した結論であって、
赤ちゃんを持ちたいと一生懸命努力される方々を
否定したりするものではないことをご理解頂けると幸いです。

<続く>


---------------------------------------------------------------
赤い糸探しをしている福ちゃんの兄弟姉妹もあと7匹!


[PR]
# by cat-walnut | 2013-07-13 13:00 | 日々雑感
弱り声
こんにちワ。福ちゃんですヨ。
久しぶりのブログで兄さんも元気、っていった直後に事件が起きましたヨ。

ちなみにこの↓福ちゃんは2月くらいの寒い時のでス。
福ちゃん”掛け布団”ってのは嫌いだからこうやって間のところにいますヨ。
でも、飼い主が寝るときはさっさと逃げちゃウ!



って、まぁ、それはさて置き。
隣室で妙な鳴き声を上げる勘九郎に気付いたのがGW前の木曜日のことでした。
まさに前回のブログアップ直後のことです。

急いで駆け付けると1.4mほどの箪笥の下でうずくまり大声を張り上げ続ける勘九郎。
箪笥の上に置いたカゴの中は福助に邪魔されないため
勘九郎安住の地になっており寝ていることが多いのです。

こりゃ箪笥の昇り降りの時にどうかしたか?と思って立ち上がらせてみると、
案の定左後足をかばいながら歩く。

ただ、触ってみた感じ大きな骨が骨折した感触もなく外傷も見当たらない、
また食欲もありトイレにも自分で行ける。
救急病院に連れていくほどではないと判断し、
金曜は一日我慢してもらって夫が休める土曜日に通院することにしました。

して診察の結果骨折や脱臼はなく捻挫でしょうという診断で、
お薬もなくレントゲンさえも撮りませんでした。

猫のくせに高いところから落ちて足を痛めるなんて、
と思いつつも勘九郎も年だし足元が危なくないように気をつけてあげなくちゃ、
と反省しきりでした。

通院後数日は薄暗く静かなところで
日がな一日じっと寝ていることが多かった勘九郎ですが、
一週間経ってすっかり回復し通常運転のうるささに戻りました。

回復途中は福助に対しいつもに増して威嚇し、八つ当たりしまくりでした。
病院に連れていかれて嫌だからって人間に当たらず福助に当たるとは
勘九郎も根性悪い…

色々大変でした…


今回連れて行った病院は昨年福助が抜歯してもらったところで、
勘九郎はお初でした。

梅雨時期くらいに福助の上前歯(牙の隣あたり)が
一本グラグラしているのに気付きました。歯茎も真っ赤でした。
麻酔して抜歯という手順(と費用)を想定して病院へ連れて行ったら、
「これもう抜けるよ」と先生が軽く福助を抑えて
ミニペンチみたいなのでエイヤッと抜いてくれました。

余分な負担を猫にも飼い主にもかけないとても良い先生で信頼感があったので、
今回も見て頂くことにした訳でした。

貰って帰ってきた福助の歯↓



まぁ、そんなGW前半だったのですが後半は船と飛行機でした。
以下猫はまーったく関係ありません。

レインボーブリッジをくぐれない為晴海に入港できず大井に停泊する大型客船を見たい!
(珍しく夫が乗り気)という訳で大井ふ頭を望める城南島へ行ってきました。

ドーン


人の豆粒っぷりがご確認いただけますでしょうか?


ちなみにオランダから帰国した皇太子さま&雅子さまが乗る
政府専用機の着陸も見られました。
おかえりなさーい。

政府専用機は普段は新千歳に格納されているので
羽田で見られるのは珍しいのです。


---------------------------------------------------------------
赤い糸探しをしている福ちゃんの兄弟姉妹もあと7匹!


[PR]
# by cat-walnut | 2013-05-08 22:30 | 福ちゃんと黒フサ兄さん