猫が胡桃を回すよう
catwalnut.exblog.jp
ブログトップ
カテゴリ:日々雑感( 10 )
妊婦と風疹
不妊治療クリニックで検査してもらった項目でとても感謝することとなったのは風疹でした。



2012年5月の検査ではHI抗体価が256という高抗体価でした。
その時は「子どもの頃かかって免疫があるのかな?抗体があるんだったらもうかからないから安心だ」という程度の認識でした。



ところが、妊娠4カ月の時に妊婦健診の項目として風疹検査があり、その際にも抗体価が変わらず256だったのです。
免疫があるのだから感染している訳がないと思ってました。
その時点まで風疹は自覚症状なく再感染することを全く知らなかったのです!



当然、風疹のIgM/IgG抗体を検査することになりIgM抗体が6.xという結果が出ました。
再度IgM抗体を検査したところ最初の値よりも上がり(8.xとか)、妊娠初期での風疹感染が疑われる状況になりました。

それで慌てたのは事の重要性を理解していない私よりも担当医でした。

つまり、先天性風疹症候群の可能性を考えて私が妊娠の継続を望まない場合、堕胎ができるのは妊娠22週未満までで、もう一カ月もありませんでした。
年末・年始を挟むことになり余計に間に合わない!と考えられたのだと思います。

二回目のIgG抗体の結果が出た段階で先生から自宅に電話があったほどです。
若手とはいえ大学病院の先生なので直電には驚きました。
妊娠初期での風疹感染か否か、紹介されて専門窓口が開設されたM病院のK先生に相談することになりました。



クリスマスの日、お忙しいK先生のご予定に潜り込ませて頂くようにして夫を交えてお話をし、血液検査も受けました。
結論が出るのは年明けで、年末・年始忙しくしていてもやはり頭の底ではぼんやりした不安がこびりついていたような気がします。
検索をしまくって風疹の再感染による先天性風疹症候群発症はごく稀、という文献も目にしました。
でも、稀であってもゼロではないと思うと気持はざわつきました。



結論からいえば、妊娠初期の風疹感染の可能性は否定されました。
判断材料として大きかったのは
 ・妊娠前のHI抗体価がわかっており、不変
 ・M病院で検査したIgM抗体が5.xとここ数週間の推移でみれば不変と判断できる値
という点で、いずれも妊娠初期に感染していたのならもっと大きく変動するとのことでした。
妊娠前の風疹再感染かまたは風疹IgM抗体持続陽性という結論でした。
ここで不妊治療クリニックで検査して頂いたことが役立ちました。

一応、風疹感染していた場合の心構えのようなものだけはしていました。
もう既に胎動も感じていたし諦めるのは無理なんじゃないかと思っていました。
とはいえ、諦める勇気がないだけなんじゃないのか、子どもが人生に困難を伴う可能性があるとわかって産むのか、ということも考えました。
特に必ずしも先天性風疹症候群になる訳ではない、というのも悩ましかったです。

でも、感染の可能性が高いといわれていたら本当に諦めなかったのか自分でもわかりません…
どの選択が正しい/悪い、ということでは全くないと思っています。

相談し感染の可能性が低いと判定されれば羊水検査はしないので、感染していないという確実な証拠は産後までわかりません。
相談に乗って下さった先生側からの要請で分娩後に臍帯のIgM抗体を検査するのですが、一カ月健診の時に陰性だったと先生から告げられやっと落ち着けた気がしました。



どうでもいい猫ブログで発信する意味があるのかとも思いましたが、これから妊娠を考えられる方がもしかしたらアクセスして下さっているかもしれないので…

* 妊娠前に感染症の検査を一通り受ける
* 風疹ワクチンを接種しておく
* 自分の感染/ワクチン接種履歴(風疹だけじゃなく)を整理しておく

ことをお勧めしたいです。

---------------------------------------------------------------
赤い糸探しをしている福ちゃんの兄弟姉妹もあと7匹!


[PR]
by cat-walnut | 2013-12-30 19:30 | 日々雑感
検査・検査
クリニックへ通い始めてまず行ったのは各種検査でした。

・一般的な血液検査
・サイトメガロ
・風疹抗体
・トキソプラズマ
・性感染症
・子宮頚がん

などなど…

生後一カ月の時(やらせ)



トキソプラズマの抗体価はこれまで飼ってきた猫さんたちに感謝、
といったところなのか、それともレバ刺し大好きだったのが影響したのか、
最近かかった可能性あり、という大変高い数値が出ました。

その為、IgM抗体/IgG抗体を検査して、
いつかかったのかを調べることとなってしまいました。

同じく生後一カ月の時(同じくやらせ)


そして、最後の子宮頚がんが”軽度異形成(前がん状態)”で引っかかってしまい、
いきなり大病院の婦人科への紹介状を書いて頂いて
そちらで詳しく検査してもらうこととなったのです。

当然不妊治療は中断でした。

握られる福助


この検査で結論が出るまでに一ヶ月半ほどかかったでしょうか…

初回診察で細胞診を行い、
同時に痛いとか色々噂があるコルポスコピーでの組織診が二週間後に組まれました。
そんな訳で緊張して臨んだコルポスコピーでしたが、
私は組織を採取される際の痛みは全く感じませんでした。

組織診の検査結果が出るまでは
高度異形成だったらとか、がんに進行していたら?とか考えてしまって
本当に気持ちが暗くなりましたが結果は軽度異形成。

初回細胞診は中等度異形成だったのですが、
組織診との検査結果が異なるのはよくあることなのだそうです。

このまま一年程度継続して検査を行い軽度異形成から進行しなければ
最終的には円錐切除など行った方がいいのでは、
というのが先生のお見立てでした。

不妊治療を行ってもよいか確認したところ問題なしとのことで、
改めて不妊クリニックへ出戻りました。

不妊クリニックに通い始めてすぐに怒涛の検査ラッシュがあったのは、
費用もかかることもあって本当に必要なの?なんて思ったものですが、
子宮頚がんの件も含め後日クリニックに感謝することとなるのでした。


---------------------------------------------------------------
赤い糸探しをしている福ちゃんの兄弟姉妹もあと7匹!


[PR]
by cat-walnut | 2013-09-26 16:00 | 日々雑感
神様
突然ですが5月中旬、我家に新メンバーが追加されました。
猫じゃなくて人間の女の子です。

-初対面の様子-
なんだなんだ


ぎゃっ、これなんですかネ??


子どもを授かれたことは、
あまり奇跡とか神様とか信じるタイプの人間ではありませんが、
でも本当にそういうことなのだと感じさせる何かがありました。

結婚して一年目の2002年初め、
子宮外妊娠で卵管破裂し緊急入院して切除したため、
卵管が一本しかなくなってしまいました。
またそれ以前からもずっと生理不順でホルモンバランスの悪さは自覚するところでした。

そういった経緯から子どもを持つことは諦めていましたし、
そもそも産み育てることにも自信を持てないままでいました。

しかし四年前、姪が産まれてその育つさまを見ている内に
私でも育てられるのかしら?と徐々に思えるようになり、
また、年齢的なことも考えると挑戦する最後のチャンスでは?
と気持ちが固まりました。

そこで2012年2月よりはなから”だめ元”の気持ちで、
期待せず婦人科へ通うことにしたのです。

最初に通ったのは徒歩圏で二軒ある内の、
いついっても常にガラ空きな婦人科でした。

もう一つある徒歩圏の婦人科は、
通院していたのに先生が子宮外妊娠に気付かず破裂に至ったという
13年前の経緯があり自動的に除外されました。

最初は基礎体温をつけるところからスタート。
しかしこのクリニック、さすがにいつ行っても空いているだけあって、
先生がコミュニケーションに多大なる問題を抱えているのでは?
という疑問を頂かざるをえませんでした。

二度目の排卵誘発剤の錠剤を摂取した後、
両腕に薬疹らしき発疹が出たにも関わらず
余りにも適当な対応だったため2カ月ほどで通院を止めました。

そこで以前子宮頚がんの検診をお願いしたこともある、
徒歩15分ほどのベテラン女医さんの婦人科へ通うことにしました。

とても良い先生なので継続して診て頂けたらと思っていたのですが、
女医さんは私が卵管切除していることもあって、
不妊治療クリニックで検査の上で治療を進めたほうが良い、
とのアドバイスを下さり、実際にお勧めのクリニックを教えて下さいました。

我家からはバス&徒歩で30分ほどの距離にある
やはり女医さんが診て下さるクリニックに通うこととなりました。
2012年5月のことでした。

私の諸条件を考えると通院してすぐ妊娠できるとも思えませんでしたが、
体外受精や顕微授精に時間とお金をかけても年齢的に成功率が低く、
結果に一喜一憂する生活を続けるのは私の精神衛生上よろしくないだろう、
とは夫婦でぼんやりと思っていました。

ですので治療するにしてもどこまでもというのではなく、
人工授精までして実らなければ諦めることは決めていました。

ただこれはあくまでも私たちの予算や状況から出した結論であって、
赤ちゃんを持ちたいと一生懸命努力される方々を
否定したりするものではないことをご理解頂けると幸いです。

<続く>


---------------------------------------------------------------
赤い糸探しをしている福ちゃんの兄弟姉妹もあと7匹!


[PR]
by cat-walnut | 2013-07-13 13:00 | 日々雑感
2012花見
我々夫婦の数少ない年中行事、花見に先週末行ってきました。

花見と花火の時は屋外でご飯食べてお酒飲むというのがおおっぴらにできて、
ちょっとしたピクニック気分で楽しいですね。

まー、でも、段取り悪い私はいつも食べ物準備にキィーッ!!!って
なっちゃう訳ですけど…

それはさておき、寒かった今年、まだちょっと満開ではないところもありましたけど、
やっぱりきれいな桜でした。

ニッポンノサクラ!


隅田川


モコモコ


桜が咲く少し前、ちょっと寒かった日の福ちゃん。
飼い主の太足の間(定位置)で寝てます。春眠猫


---------------------------------------------------------------
赤い糸探しをしている福ちゃんの兄弟姉妹もあと7匹!


[PR]
by cat-walnut | 2012-04-12 11:00 | 日々雑感
あの日は
地上50メートルくらいのところにある我家は
最初のガタガタという短い揺れから次第にゆっくり大きく長く揺れました。

手で押さえても大きな旋回を止めないダイニングのペンダントライトを見て、
このままマンションが倒壊して死ぬかも、
という髪の毛が逆立つような恐怖心を抱きました。

こういう時は窓を開けておいた方が良いのかと、
ベランダに面した窓に向かったのですが、
まっすぐ歩きたいのに千鳥足のようにしか歩けませんでした。

しかも、それまでは隅で隠れていた勘九郎が窓を開けるやベランダへ出てしまい、
揺れのせいでベランダから落ちたらどうしようと
(ホントにそれぐらいふり幅の大きな揺れだったんです)
もうパニック最高潮でした。

そんなさなかずっと抱えていたのが陶製のうさぎ↓です。
(以下の写真は地震前の2011年3月9日に撮影したものです)

何ですかそレ?
隣に置かないでもらえますかね?


これは地震の少し前にeBayで落札してアメリカからうちにやってきた
ポーリッシュポタリーのクッキージャーですが、
別に高価だった訳じゃありません。
でも、なぜか飾り棚から真っ先に抱えていたのはこれでした…

首取れちゃってるじゃないでカ!
ちょっとホントもう止めて下さい…


首は大丈夫ですか?ふんふん


何日か前にはこんなこともして呑気に遊んでたのに…

福ちゃんのボディおかしくないですカ?


不謹慎ですね。おちゃらけはこれくらいにしておきます。
改めてご冥福をお祈りします。



---------------------------------------------------------------
赤い糸探しをしている福ちゃんの兄弟姉妹もあと7匹!


[PR]
by cat-walnut | 2012-03-11 18:30 | 日々雑感
外付けHDD
今年に入ってから外付けHDDの挙動がおかしくはなっていた。
外付けはほぼ常時電源ON状態にしていたのだが、
たまに電源断し、再度電源を入れるとなかなかディスクを読み込まなくなってしまうのだ。

外付けにはこれまで撮ったデジカメデータや諸々のドキュメント(夫婦分)が入れてある。
ドキュメントはともかく写真がなくなるのはちょっと困る。

福ちゃん全然困んないですヨ
でろりん


一応不測の事態に備え「バックアップめんどくさ」というのを何とか乗り越え、
春先に写真とこれだけは取っておきたいというドキュメントだけはCDに焼いていた。

そして、つい先日とうとうディスクを読み込まなくなってしまった。

ちょっと、福ちゃんのお写真だいじょぶでしょうネ!
お手手揃え


がっ、ここ最近データの読み込みはできていたこともあり、
すっかり油断していたので春先以降の写真データは焼いていない。
メーカーに修理を依頼したらデータの保証はない。

ただの勘ではあるけれどディスクに深刻な損傷があった訳ではなく、
何とかデータは救えるのではないかという気がしていた。
そこで検索してみると、我が家と全く同じ外付け(BUFFALO HD-HC320U2)で
コンデンサが膨張し破損したためドライブが起動しない事例を発見した。

それじゃあと、わりあい嬉々として解体してみると(解体好き)
うちのもコンデンサが膨張していた!

コンデンサとはなんぞや


不具合を発見された方はご自分でコンデンサを交換し解決しておられたが、
うちには半田ごてもないし私自身に半田付けの経験もない。

更に調べると最近はHDDのケースだけ売っていることがわかり、
(内臓HDDを購入して外付けに仕立てるってのがあるんですね)
早速買って入れてみました。

素人ですみません


私のヤマ勘通りやっぱりディスクは無事で中のデータを確認できました。

外付けを使わないときはちゃんと電源落としとかないとダメだ、
ってことですね、コンデンサの膨張って高熱で発生するらしいので。
そこは反省です。

今回は何とかなったけれども、
ディスク自体四年物で耐用年数そろそろなんじゃないのかと思うので、
新しいの買わないとなーって思いました。

そんな訳で無事だった夏のお休みの時の写真です。


amankila01

amankila02

singapore


---------------------------------------------------------------
赤い糸探しをしている福ちゃんの兄弟姉妹もあと7匹!


[PR]
by cat-walnut | 2011-10-05 15:30 | 日々雑感
あの日から
地震から三週間近くになります。

私や私の身近な人々は皆無事で、無くしたものもありませんでした。
家が大きく揺れて怖い思いをしただけでした。

それなのに本当に情けない話ではあるのですが、
あの日から気力体力が著しく衰えてしまって、
回復にはちょっと時間が必要でした。

東京に住む私でさえこんなありさまなのですから、
未だ混乱の中におられる被災地の方々のお気持ちはいかばかりかと思います。

猫たちはといえば、
勘九郎は前足の爪をはがしてしまったり食欲不振になったりしましたが、
しばらくしたら落ち着いてきました。
福助も地震があると逃げ惑いますが勘九郎よりは落ち着いているようです。

警察庁の発表によれば本日3/31時点で
亡くなった方、行方が分からない方併せて27,690人とのこと。

27,690人の一瞬で奪われた命や生活というのは余りに多すぎて
私なんかの想像を絶するものだということしかわかりません。

お亡くなりになった方のご冥福を心よりお祈りさせて頂きます。

非力な自分ですがそれでも何かできることはないか、
今後探していきたいと思います。

昨日、桜が咲いているのを見つけました。

桜咲く

北関東・東北へも早く春が訪れますように。

---------------------------------------------------------------
赤い糸探しをしている福ちゃんの兄弟姉妹もあと7匹!


[PR]
by cat-walnut | 2011-03-31 15:30 | 日々雑感
富士総合火力演習・予行
投稿間隔あきすぎですね…

そんなわけで8月に行われた総合演習・予行についてです。

総合演習というのは9時~の本番開始前に、
前後半に分かれた演習の前半部分を一通りさらっておくようなのです。
つまり予行の予行というわけでものすごい念の入れようだなぁ、と思いました。

富士山麓の朝もやにけぶる中睡眠不足の頭でぼんやりと入場の列に並んでいたら、
戦車からの突然の轟音が鳴り響き体全体でびっくぅぅぅぅぅ、となりました。

最初の何回かは轟音のたびにビクビクしていましたが、
次第に慣れてきたのも不思議でした。
とはいえ、実弾の迫力ってもんのすごいものでした。

ナントカ式の戦車
一番の轟音を出す戦車は前日に事故があったとかで実弾射撃はありませんでした。
予行の予行

確か、実弾が命中する様を模して爆発だけを行った様子だったような…
だけどこれもものすごい音でした。

遠くの山が攻撃目標なので爆発音が観客席に届くまで結構なタイムラグがありました。
着弾して静かに煙が立ち昇るのが興味深かったです。
また、着弾すると発射の指示を出している人(?)が言う
「だんちゃーく」というのも独特の響きがあり、その後我が家でちょっとはやりました。
ドカーン

これすごいんですよー。
空中で停止したヘリから次々に隊員がロープで降りてきて
それだけでも十分にビックリなわけですが、
その降りてきた隊員の皆さんはしばらくしたら
再度ヘリから下ろされたロープで回収されていくんです!

ロープ先端部分に複数の隊員が結び付けられヘリが飛び去っていく様は
まるでみの虫みたいでした。
わらわら

これは発射の瞬間を上手いこと撮れたところです。
デジタルカメラ購入時についてきた望遠レンズですが、なかなか良く働いてくれました。
バシュッ

これは後半最後に行われた総攻撃の場面です。
総攻撃過ぎて知識の薄い私にはもう何が何だか分からないけど、
音も迫力もMAXって感じでした。
こんな密集しているのに事故とか起きないのもすごい。
バラバラバラっ

初めて働く自衛隊の方々に触れて思うところは色々あったのですが、
危険なことを事故のないようにするための日々の鍛錬・訓練たるや
一般人には想像もできないものなのだろうと、
努力のたまものなのだろうと強く実感しました。

さて、こちらはしょっぱい顔の福ちゃん。
福ちゃんは毛の伸びが異様に早くて(もしくは、勘九郎が遅いのか?)
毛刈りしたにもかかわらずあっという間にモサモサでした。
ムスー

---------------------------------------------------------------
赤い糸探しをしている福ちゃんの兄弟姉妹もあと7匹!


[PR]
by cat-walnut | 2010-11-22 21:00 | 日々雑感
好きなもの
※ 本日の投稿は全く猫と関係ありません ※


我が家の近くにある埠頭で戦艦(護衛艦)が見られることに気付いたのは、
9年ほど前に引っ越して来てからだいぶ経ってのことと思います。

ホストシップとして派遣された海上自衛隊の護衛艦 さわゆき
どどーん

埠頭に停泊中の海上自衛隊の護衛艦や外国の艦船を見たり、
写真に撮ったりしている内に、
どうやら自分が軍モノ好きであることに気付きました。

とはいえ、誤解しないで頂きたいのは私は右翼では(といって左翼でも)ないですし、
戦争推進・賛美派でもありません。
単に、普段目にすることのない珍しい船を見るのが好き、
ということなのだろうと思います。

手前:エクアドル海軍練習帆船 グアヤス 奥:下の
かっこいー

ホストシップとして派遣された海上自衛隊の護衛艦 はるさめ
威風堂々

日米安保50周年を記念したパーティー開催中の米海軍・揚陸指揮艦 ブルーリッジ
右側にちらりと写っているのは護衛艦 ひゅうが
キラキラ

そんな話を周りに吹聴しておりましたところ、
元防衛省幹部で以前同じ会社で働かせて頂いた方が
陸上自衛隊が年に一度開催している”富士総合火力演習・予行”の
駐車場券付きチケットを下さいました。

そんなわけで8月の平日、
かなり無理やり夫に休みを取ってもらってレンタカーで行ってきたわけです。

事前に色々調べたところ、見学席はひな壇と地べたに分かれ、
5つ(確か)あるうちの2つしかないひな壇自由席は早いもの勝ち、とのこと。

せっかくだったらやはり良席で見学したいもの。
そこで珍しく気合を入れ朝4:30出発に自宅を出発し、6:00に現地駐車場着。

富士山麓 駐車場
ふじのおやま

駐車場から演習場までは自衛隊が運行するバスで移動です。
それから7:00の入場まで並んで待っていたのですが、
焦れた観客の熱気を察したのか6:45には入場開始。

無事にセンター寄りひな壇の上階に席が取れ、
7:00には地べた席このような感じでした。
まばら

そして、これが終わり間際の11時近くの地べた席。
平日、そして本番ではなく予行にもかかわらず2万人近くが観覧したようです。
ぎっちり

この話、続きます。

まー、そんな話ばっかりでも何なのでだいぶ前の勘九郎と福助
シンクロっ

---------------------------------------------------------------
赤い糸探しをしている福ちゃんの兄弟姉妹もあと7匹!


[PR]
by cat-walnut | 2010-10-14 21:00 | 日々雑感
年まわり
2月に夫のおばあさまが天に召された。

突然倒れられたものの前日までは叔母さん宅で健やかに過ごされ、
入院一か月を経たのち
北陸の激しい雪が降る中で96年の生涯を閉じられた。

やっちゃんのことよろしくね、
って結婚式のときに私のことをギュッと抱きしめてくださった。

それなのに結婚後に一回、
倒れられて意識がなくなってしまってから一回しか会いに行けなかった。
曾孫の顔も見せられなかった。

今となっては後悔ばかり。

まどぎわで


だから、4月に父の病気のことを聞いた時には、
後悔しないようにできるだけのことをしようと思った。

もちろん、私が動かざるを得ない理由として
実家の両親は同じ家に住んでは居るものの
口も利かない家庭内別居、ということもあったけど。

ある年齢以上の男性に多い疾患で、
早期発見であれば予後は良いということを見聞きもし、
何の根拠もないままに
手術してしまえば終わりという気持ちで父子共々いた。

退院前に先生から説明があったのは、
手術して終わりではなくてこれから始まり、
ということだった。

加えて、私の周囲が抱える新たな問題に
向き合わざるを得ない事態になっている。

父のことは69歳という年齢もあるから仕方ない面もあるけれど、
新たな問題はそういう訳にもいかず、
慎重に、とはいえ長引かせることなく取り組む必要がある。

占拠


私は困難に敢然と立ち向かっていけるような強い人間ではなく、
脆弱で意志薄弱、すぐにめげるダメ人間なのに、
これは一体なんだろう。

確かに今年は私の本厄ではあるけれど、
厄年ということは関係なく年齢的にそういった年まわりなのかもしれない、
という気がしてもいる。

私や夫や猫たちはとりあえず恙なく暮らしている、
というその事実だけでも今は喜んでおこうと思う。

勘九郎はシニアに差し掛かった年齢を考慮しても健康状態は良好、
福助は一緒に寝てくれるようにもなりました。

はらだし


---------------------------------------------------------------
赤い糸探しをしている福ちゃんの兄弟姉妹もあと7匹!


[PR]
by cat-walnut | 2010-07-07 19:00 | 日々雑感